• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「辞書から消えたことわざ」時田昌端著

■「耳取って尻拭う」とは何

 古代の文献にはじまり現代の新聞まで膨大な資料から、これまで10万ものことわざの用例を拾い出してきた著者が、埋もれたまま忘れ去られた選りすぐりのことわざを紹介する言葉テキスト。

 例えば、「耳取って尻拭う」ということわざ。江戸中期の浮世草子に出てくる言い回しだそうだが、その意は信じ難い突拍子もないこと、またはむちゃくちゃなことの例えだという。「一人娘が妹を連れて井戸に飛び込んで焼け死ぬ」と何とも物騒な句は、よく読むと矛盾したことが書かれており、有り得ないことの例え。その他、目先が見えぬことを意味する「トンボの鉢巻き」など。ユーモアと慧眼に満ちたことわざの世界を案内。
(KADOKAWA 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る