「日本一周3016湯」高橋一喜氏

公開日:  更新日:

■「構想5年、総費用450万円。1日平均8湯を目標に全国の温泉を制覇しました」

 温泉愛を語り始めると口角に泡をため、止まらなくなる愛好家も多い。そんなマニアですら度肝を抜く「温泉バカ」(失礼!)がいた。このご時世に安定した職を自ら辞し、住んでいた家を引き払い、全国の温泉巡りに出たという。386日間かけて巡った湯は計3016湯。

「無謀と思うかもしれませんが、実際には構想5年、計画性のある旅でした。経済誌でお金の話などを担当していましたからね(笑い)。旅を終えた後の生活を考え、貯金600万のうち100万は残しておいたんです」

 とはいえ、総費用は450万円。旅のために購入した中古車(ナンバーは1126=イイフロ)を相棒に、全国の秘湯・名湯を駆け巡った。
「1日平均8湯を目標に巡って制覇。体がきつかったのは初めだけで、慣れてくるとどんどん健康体になり、温泉に入りたくてうずうずする“温泉中毒”でしたね(笑い)。この旅で約10キロ痩せ、しばらくは風邪を一切ひきませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る