「絶望の裁判所」瀬木比呂志著

公開日: 更新日:

■裁判員制度は陪審制度に移行すべし

 東京地裁の裁判官を経て最高裁にも調査官として勤務した著者。裁判所という組織が、いかに徹底した上意下達・中央集権的体質を貫いているかを批判的に紹介する。

 たとえば法務省が秘密裏に裁判所の判断を事前に問い合わせることなどは日常茶飯。また最高裁では、国家賠償請求事件にたずさわった裁判官の氏名と判決内容を一覧にした極秘資料を作成し、人事の参考に供するなども行っている可能性が高い。書きっぷりがあくまで法律家らしい慎重で持って回った言い回しなので、素人には一見わかりづらいのだが、よく読むと驚くような行政との癒着やなれ合いが横行しているのがわかるのだ。

 裁判員制度の導入は市民の直接参加で話題になったが、実はこの導入の陰には裁判所内の「刑事系」と「民事系」の対立があるらしい。近年弱体化が目立っていた「刑事系」が、裁判員制度の推進を機に息を吹き返し、最高裁長官をはじめ司法行政の重要ポストに刑事系が一気に返り咲いたという。著者は裁判員制度は、刑事裁判制度の改善という本来の目的のために陪審制度に移行すべきと主張している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  10. 10

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る