『「イタリア郷土料理」美味紀行』中村浩子著

公開日: 更新日:

■パルチザンとボッリートの思い出

 一口にイタリア料理といっても、クリームチーズ系のパスタしか食べない地方があるかと思えば逆にトマトソース系しか食べない所もあるという。本書はイタリアの各地を巡り、その土地に住む人々にそれぞれの郷土料理や思い出の味について聞く、食エッセー。トリノ生まれの文筆家・ロレンツォは、第2次世界大戦中に疎開した村でドイツ軍と戦うパルチザンの姿を間近に見た思い出と彼らが食べていた「茹で肉(ボッリート)」について語る。ミラノで代々続く高級婦人帽子店の店主兼デザイナーのラウラの思い出の味は忙しい母に代わって父親が作ってくれたリゾットだ。9都市20人の人生と味の思い出から豊かな食文化の神髄に迫る。
(小学館 819円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る

人気キーワード