「瞽女うた」ジェラルド・グローマー著

公開日:  更新日:

■時代とともに消えた瞽女文化の歴史

 瞽女(ごぜ)は、へき地の村々を回り、家々の前で三味線伴奏の唄を披露する盲目の女旅芸人。時代とともに消えた瞽女文化の歴史をひもときながら、彼女たちを迎え入れた社会や、唄を聴く文化の変化にまで言及したリポート。

 瞽女は、地方を巡り門付けする他、かつては上流階級に仕えたり、武家や町人に筝曲と三味線唄を演奏・教授したり、宴席の余興を任されたりとさまざまなタイプがいたという。それが瞽女といえば「越後」といわれるほど、新潟県では門付けをする瞽女が戦後まで活躍できたのはなぜか。瞽女が果たしてきた役割や、その演目の分析など、さまざまな視点から瞽女文化の全貌に迫る。
(岩波書店 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る