「瞽女うた」ジェラルド・グローマー著

公開日:  更新日:

■時代とともに消えた瞽女文化の歴史

 瞽女(ごぜ)は、へき地の村々を回り、家々の前で三味線伴奏の唄を披露する盲目の女旅芸人。時代とともに消えた瞽女文化の歴史をひもときながら、彼女たちを迎え入れた社会や、唄を聴く文化の変化にまで言及したリポート。

 瞽女は、地方を巡り門付けする他、かつては上流階級に仕えたり、武家や町人に筝曲と三味線唄を演奏・教授したり、宴席の余興を任されたりとさまざまなタイプがいたという。それが瞽女といえば「越後」といわれるほど、新潟県では門付けをする瞽女が戦後まで活躍できたのはなぜか。瞽女が果たしてきた役割や、その演目の分析など、さまざまな視点から瞽女文化の全貌に迫る。
(岩波書店 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る