「なぜいくら腹筋しても腹が凹まないのか」中野ジェームス修一著

公開日: 更新日:

 卓球の福原愛選手のパーソナルトレーナーも務める著者は、いくら腹筋運動をしても腹はへこまないと断言する。

 たとえば、脚を動かすときは脚の筋肉にエネルギーが送られるが、これは全身から少しずつ脂肪が溶け出し、酸素と結びついた脂肪酸が脚の筋肉に集結することで発生する。つまり、動かす部位の脂肪が優先的に消費されるわけではなく、腹筋をしても腹だけがへこむことはないのだ。

 ただし、筋肉を動かすと基礎代謝が上がり、脂肪は燃焼される。このとき、腹筋という狭い範囲の筋肉ではなく、大腿(だいたい)筋や大臀(だいでん)筋など下半身の大きな筋肉を動かした方が効率的に腹がへこむのだという。下半身のトレーニング法も写真付きで解説。目からウロコのダイエットバイブルだ。(幻冬舎 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る