「なぜいくら腹筋しても腹が凹まないのか」中野ジェームス修一著

公開日:  更新日:

 卓球の福原愛選手のパーソナルトレーナーも務める著者は、いくら腹筋運動をしても腹はへこまないと断言する。

 たとえば、脚を動かすときは脚の筋肉にエネルギーが送られるが、これは全身から少しずつ脂肪が溶け出し、酸素と結びついた脂肪酸が脚の筋肉に集結することで発生する。つまり、動かす部位の脂肪が優先的に消費されるわけではなく、腹筋をしても腹だけがへこむことはないのだ。

 ただし、筋肉を動かすと基礎代謝が上がり、脂肪は燃焼される。このとき、腹筋という狭い範囲の筋肉ではなく、大腿(だいたい)筋や大臀(だいでん)筋など下半身の大きな筋肉を動かした方が効率的に腹がへこむのだという。下半身のトレーニング法も写真付きで解説。目からウロコのダイエットバイブルだ。(幻冬舎 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る