「糖尿病で死ぬ人、生きる人」牧田善二著

公開日:  更新日:

 糖尿病は血糖値さえ守っておけばいい、と思い込んでいる患者さんには驚きの連続だろう。

 一番恐ろしい人工透析さえ、いまの新しい医学であれば免れるかもしれないというのだから当然だ。既に腎臓の合併症を治す薬があり、新たな薬も見つかったという。

 また、失明につながる糖尿病性網膜症なども外科手術で治る可能性があると説く。

 さらにがん、心臓病、脳卒中、肺炎、アルツハイマーなど糖尿病の新たな合併症に備えることで、糖尿病でも100歳までは生きることができる、というのだ。

 著者は私大医学部の元教授で、都内で糖尿病専門クリニックを開設。延べ10万人の患者を診ているという。

 糖尿病に苦しみ、希望を失っている人を勇気づける一冊。
(文藝春秋 750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る