「糖尿病で死ぬ人、生きる人」牧田善二著

公開日:  更新日:

 糖尿病は血糖値さえ守っておけばいい、と思い込んでいる患者さんには驚きの連続だろう。

 一番恐ろしい人工透析さえ、いまの新しい医学であれば免れるかもしれないというのだから当然だ。既に腎臓の合併症を治す薬があり、新たな薬も見つかったという。

 また、失明につながる糖尿病性網膜症なども外科手術で治る可能性があると説く。

 さらにがん、心臓病、脳卒中、肺炎、アルツハイマーなど糖尿病の新たな合併症に備えることで、糖尿病でも100歳までは生きることができる、というのだ。

 著者は私大医学部の元教授で、都内で糖尿病専門クリニックを開設。延べ10万人の患者を診ているという。

 糖尿病に苦しみ、希望を失っている人を勇気づける一冊。
(文藝春秋 750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る