「なぜ世界でいま、『ハゲ』がクールなのか」 福本容子著

公開日: 更新日:

 日本成人男性の3分の1、1260万人もの人が自分をハゲ(薄毛)だと思い、その半数以上がハゲであるがために自分には外見的魅力がないと感じ、自信を失っているという。本書は、本人が思い込んでいるそうした意識が世間の評価と外れており、「髪がない=クール」がこれからのトレンドであることを説く。

 イギリス人が最も尊敬する政治家ウィンストン・チャーチルなど世界の政治家をはじめ、世界的企業のトップまで、さまざまなハゲたカリスマたちを紹介しながら、髪の有無と影響力を検証した研究成果などを考察。足りないものを惜しむのではなく、発想の転換による魅力アップを勧める薄毛必読の書。

(講談社 840円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る