• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ世界でいま、『ハゲ』がクールなのか」 福本容子著

 日本成人男性の3分の1、1260万人もの人が自分をハゲ(薄毛)だと思い、その半数以上がハゲであるがために自分には外見的魅力がないと感じ、自信を失っているという。本書は、本人が思い込んでいるそうした意識が世間の評価と外れており、「髪がない=クール」がこれからのトレンドであることを説く。

 イギリス人が最も尊敬する政治家ウィンストン・チャーチルなど世界の政治家をはじめ、世界的企業のトップまで、さまざまなハゲたカリスマたちを紹介しながら、髪の有無と影響力を検証した研究成果などを考察。足りないものを惜しむのではなく、発想の転換による魅力アップを勧める薄毛必読の書。

(講談社 840円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る