「『食べてはいけない』『食べてもいい』添加物」渡辺雄二著

公開日: 更新日:

 日本の大人が1年間に摂取する添加物の量は、何と7.68キロといわれている。

 一切の添加物を避けて生活することは、もはや不可能な時代。せめて発がん性などが懸念される危険な添加物は避けるという手段しかないだろう。

 例えば、明太子やタラコの発色剤として使われる「亜硝酸Na」は、魚卵に含まれるアミンという物質と結びつき、強い発がん性を持つニトロソアミン類に変化する。コンビニの明太子やタラコおにぎりに使われていることが多いので要注意だという。

 他にも、脳腫瘍のリスクが高まるとされるダイエット甘味料の「アスパルテーム」、肝臓への影響が懸念される魚肉ソーセージの着色料「赤106」など、知っておきたい添加物の悪影響について詳述していく。

(大和書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る