「『食べてはいけない』『食べてもいい』添加物」渡辺雄二著

公開日:  更新日:

 日本の大人が1年間に摂取する添加物の量は、何と7.68キロといわれている。

 一切の添加物を避けて生活することは、もはや不可能な時代。せめて発がん性などが懸念される危険な添加物は避けるという手段しかないだろう。

 例えば、明太子やタラコの発色剤として使われる「亜硝酸Na」は、魚卵に含まれるアミンという物質と結びつき、強い発がん性を持つニトロソアミン類に変化する。コンビニの明太子やタラコおにぎりに使われていることが多いので要注意だという。

 他にも、脳腫瘍のリスクが高まるとされるダイエット甘味料の「アスパルテーム」、肝臓への影響が懸念される魚肉ソーセージの着色料「赤106」など、知っておきたい添加物の悪影響について詳述していく。

(大和書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る