「『食べてはいけない』『食べてもいい』添加物」渡辺雄二著

公開日: 更新日:

 日本の大人が1年間に摂取する添加物の量は、何と7.68キロといわれている。

 一切の添加物を避けて生活することは、もはや不可能な時代。せめて発がん性などが懸念される危険な添加物は避けるという手段しかないだろう。

 例えば、明太子やタラコの発色剤として使われる「亜硝酸Na」は、魚卵に含まれるアミンという物質と結びつき、強い発がん性を持つニトロソアミン類に変化する。コンビニの明太子やタラコおにぎりに使われていることが多いので要注意だという。

 他にも、脳腫瘍のリスクが高まるとされるダイエット甘味料の「アスパルテーム」、肝臓への影響が懸念される魚肉ソーセージの着色料「赤106」など、知っておきたい添加物の悪影響について詳述していく。

(大和書房 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  8. 8

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る