• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長生きしたけりゃ『肺活』しなさい」奥仲哲弥著

 日本人の死因第9位のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。少しずつ肺の機能が破壊され、呼吸困難に陥って命を落とすこともあるこの疾患は、別名「たばこ病」とも呼ばれる肺の生活習慣病だ。

 およそ700万人が罹患しているといわれるが、治療を受けている人は50万人に満たない。その背景にあるのが、COPDの認知の遅れと、ある程度進行しないと自覚症状が出ないこと。少し体を動かしただけで息切れするなど異変を感じた段階で病院に行っても、一度壊れてしまった肺の状態は元に戻せないのが恐ろしいところだ。

 本書では、喫煙者は今すぐ禁煙することを前提に、肺の機能を維持する方法を伝授。口すぼめ呼吸や肺の若返りストレッチなど、簡単にできる「肺活」を紹介していく。

(小学館 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る