「長生きしたけりゃ『肺活』しなさい」奥仲哲弥著

公開日: 更新日:

 日本人の死因第9位のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。少しずつ肺の機能が破壊され、呼吸困難に陥って命を落とすこともあるこの疾患は、別名「たばこ病」とも呼ばれる肺の生活習慣病だ。

 およそ700万人が罹患しているといわれるが、治療を受けている人は50万人に満たない。その背景にあるのが、COPDの認知の遅れと、ある程度進行しないと自覚症状が出ないこと。少し体を動かしただけで息切れするなど異変を感じた段階で病院に行っても、一度壊れてしまった肺の状態は元に戻せないのが恐ろしいところだ。

 本書では、喫煙者は今すぐ禁煙することを前提に、肺の機能を維持する方法を伝授。口すぼめ呼吸や肺の若返りストレッチなど、簡単にできる「肺活」を紹介していく。

(小学館 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る