「大丈夫だよ!心配ないから マグネシウム社会の未来」小濱泰昭氏

公開日: 更新日:

「温暖化、異常気象、化石燃料の枯渇、放射能の問題など、地球は悲鳴を上げつつあるわけですが、それらが危険水域に達する前に、どこかで方向転換して地球を本来の環境に戻さねばなりません。じゃあ、その方法はあるのか、と自問し続け、ようやく見つけたのが、マグネシウムを燃料として利用する方法です」

 本書は、マグネシウムを発電物質として利用する循環型社会構築(マグネシウム・ソレイユ・プロジェクト)の提唱者・小濱名誉教授自身が、その概要を平易に解説した初の著書である。

「マグネシウムはカメラ撮影のフラッシュ(閃光)に使われたほど燃えやすい金属です。そのマグネシウムの精錬方法として実用化されているのは、現在、大量の石炭を燃やして、1200度の高熱で加熱するピジョン法だけです。しかし、それには膨大な量の二酸化炭素を排出するというネックがあり、先進国では導入できないでいるんですね。で、私たち東北大学の研究チームは、直径10メートルの太陽炉で3727度の高熱をつくり出せていて、1200度で二酸化炭素のまったく出ないクリーンなマグネシウムの精錬に成功しました。この方法こそが、原発に代わる次世代エネルギーだと確信してます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る