「誰がタブーをつくるのか?」永江朗氏

公開日:  更新日:

「日本は自由の国だ」と、多くの人が思っている。北朝鮮などの報道を見るたびに、報道や言論の自由がないなんてひどい国だと同情することだろう。

「確かに、日本は自由な国です。しかし、その自由は“そこそこ”のもので、意外とタブーが多いことは見落とされがちです。例えば、東日本大震災後しばらくは、2020年の東京オリンピック招致に対して冷ややかな反応を示す人は多かった。ところが開催が決定するやお祭り騒ぎとなって、反対の声は上げにくくなりました。“なんとなく”や“雰囲気”によって、言ってはいけない状況になることが日本にもたくさんあるんです」

 本書では、報道やビジネス、わいせつなどのさまざまなタブーを明らかにしながら、それらと付き合っていく方法について考えていく。例えば、いまだ収束を見ない福島第1原発事故。あの地震が起きるまでは、原発が“危険”という報道はほとんどなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る