「妊活カップルのためのオトコ学」小堀善友氏

公開日:  更新日:

 不妊で悩む夫婦は増えている。不妊治療に関する書籍も出ているが、多くは女性の不妊治療がメーンだ。男性不妊、特に射精障害について詳しく解説した本はほとんどないといってもいい。

「“不妊症は女性の病気”という思い込みが依然として強いのでしょうね。実際の統計を見てみると、不妊の原因の半分は男性なんですよ。勃起できない、射精できない、そもそも性欲が湧かないなど、男性サイドの問題点も実は多いんです」

 NHKの番組の影響で「卵子老化」が話題になり、女性が恐怖をあおられたこともあったが…。

「精子も同様、35歳になったら確実に老化します。そもそも男性は生殖や健康に関する意識が低く、無頓着すぎるのが問題です。ペニスやスタミナに対しては過剰に反応しても、生殖関連の知識はほとんどありませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る