「K体掌説」九星鳴著

公開日:  更新日:

「Kは小噺のK、Kは簡潔のK、Kは奇態のK、つまりはKなる体の掌編。これ即ち“K体掌説”なり」という書き出しから始まる、不思議な掌編集。詩のようでもあり、ショートショートのようでもあり、散文のようでもあり、SFのようでもある、短くも切れのいい言葉がずらりと並び、読み手の想像力を刺激してくる。

 収録されているのは、新しい創作文字を紹介した「新体字」、汚いということをつきつめて考察する「汚物論」、締め切り前の原稿書きを月に手伝ってもらった話「月弟子」、世にも不思議な入試問題を並べた「はなはだ奇態なる八つの入試問題」、透明人間になろうとした男の受難を描いた「透明人間受難歴」など全68作品。

 無名新人のデビュー作という形をとっているが、実は著者の九星鳴とは陰陽師シリーズでおなじみの夢枕獏の別ペンネームだ。長編小説では決して表現できない著者の発想や着想の原点が、短い言葉の端々からにじみ出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る