• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「K体掌説」九星鳴著

「Kは小噺のK、Kは簡潔のK、Kは奇態のK、つまりはKなる体の掌編。これ即ち“K体掌説”なり」という書き出しから始まる、不思議な掌編集。詩のようでもあり、ショートショートのようでもあり、散文のようでもあり、SFのようでもある、短くも切れのいい言葉がずらりと並び、読み手の想像力を刺激してくる。

 収録されているのは、新しい創作文字を紹介した「新体字」、汚いということをつきつめて考察する「汚物論」、締め切り前の原稿書きを月に手伝ってもらった話「月弟子」、世にも不思議な入試問題を並べた「はなはだ奇態なる八つの入試問題」、透明人間になろうとした男の受難を描いた「透明人間受難歴」など全68作品。

 無名新人のデビュー作という形をとっているが、実は著者の九星鳴とは陰陽師シリーズでおなじみの夢枕獏の別ペンネームだ。長編小説では決して表現できない著者の発想や着想の原点が、短い言葉の端々からにじみ出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る