「白澤教授が選んだ病気にならない“食べもの”バイブル」白澤卓二著

公開日: 更新日:

 日本抗加齢医学会理事である著者が、“体に良い”といわれている65品目の食材について、どんな予防医学的効果があるのかを徹底解説。

 昔から、毎日1個食べると医者いらずといわれるリンゴ。その根拠になっているのが、皮のすぐ下に含まれるリンゴポリフェノールだ。腸からの脂肪吸収を阻害して肥満を予防したり、長寿遺伝子のひとつである「Sir2(サーツー)」の活性化に関わることも分かってきたという。

 近ごろ脚光を浴びているココナツオイルには、中性脂肪に変換されない中鎖脂肪酸が含まれている。これは、肝臓でケトン体という物質に変換され、細胞内のミトコンドリアに取り込まれる。そして、脳の神経細胞を刺激し認知機能を改善する効果が期待できるそうだ。

(扶桑社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード