「過剰診断」H・ギルバート・ウェルチ他著、北澤京子訳

公開日: 更新日:

 病気に打ち勝つためには早期診断による治療が大切。しかし、進化した検査方法が見つける“異常”は、もしかしたら永久に病気にはならない程度のものかもしれない。そして、“なるかもしれない”可能性にかけて治療を行うことで、思わぬ弊害が表れることもある。

 本書では、医療先進国であるアメリカの医師が、豊富なエピソードとともに早期診断に伴うリスクを警告している。例えば、前立腺がん。健康管理のためにと毎年検査を受けていたある医師は、その年PSA(前立腺特異抗原)がごくわずかに上昇したことを受け、積極的治療として手術を選択。しかしこれがきっかけで、インポテンスになってしまった。

“病気の疑い”にどう対処すべきか考えさせられる気になる本だ。

(筑摩書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る

人気キーワード