「納豆の起源」横山智著

公開日: 更新日:

 日本の国民食である納豆。その起源には諸説あり、滋賀県では聖徳太子が馬に与える煮豆の残りをわらに包んでおいたところ、やがて糸を引いて非常においしくなったという伝説が残されている。

 納豆という語が表れる日本最古の文献は、平安時代後期に藤原明衡によって書かれた「新猿楽記」で、登場人物の好物として描かれているという。このように、古くから日本人の身近にあった納豆だが、実は東南アジアの大陸部からヒマラヤにかけての広い地域にも、大豆を発酵させて作る納豆によく似た食品が分布している。

 中国の黄河下流付近が起源とされている大豆が、どのように旅をしてアジア各地で発酵食品となったのか。その作り方や食べ方を紹介しながら、納豆の起源を探っていく。

(NHK出版 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード