「納豆の起源」横山智著

公開日:  更新日:

 日本の国民食である納豆。その起源には諸説あり、滋賀県では聖徳太子が馬に与える煮豆の残りをわらに包んでおいたところ、やがて糸を引いて非常においしくなったという伝説が残されている。

 納豆という語が表れる日本最古の文献は、平安時代後期に藤原明衡によって書かれた「新猿楽記」で、登場人物の好物として描かれているという。このように、古くから日本人の身近にあった納豆だが、実は東南アジアの大陸部からヒマラヤにかけての広い地域にも、大豆を発酵させて作る納豆によく似た食品が分布している。

 中国の黄河下流付近が起源とされている大豆が、どのように旅をしてアジア各地で発酵食品となったのか。その作り方や食べ方を紹介しながら、納豆の起源を探っていく。

(NHK出版 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る