「河童のお弟子」泉鏡花ほか著、東雅夫編

公開日: 更新日:

 ある精神科病院に入院中の患者・第23号が誰彼かまわずしゃべるところによると、彼は3年前の夏、穂高山へ登る途中、深い霧に立ち往生。仕方なく梓川の河原で食事をしようと準備をしていたが、振り返ると、その作業をのぞき込んでいた河童がいたという。河童を夢中で追いかけた彼は、穴に落ち、気が付くと大勢の河童に囲まれていた。チャックという河童の医師に診察を受け、世話になった彼は、この国の法律で定める「特別保護住民」として彼らと生活を共にすることになった。(芥川龍之介著「河童」)

 同時代を生きた「おばけずき」3人、泉鏡花・芥川龍之介・柳田國男の河童にまつわる作品を集めた異色作品集。(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る