「聞くだけで自律神経が整うCDブック」小林弘幸著

公開日: 更新日:

 私たちの脳は、外部からの刺激によって生じる喜怒哀楽の感情に応じて、視床下部という部位が作用する。視床下部は自律神経をつかさどり、体中の臓器に“働け”“休め”という命令を送る。そして、外部刺激の中でも音楽の効果は絶大で、自律神経のバランスを整える効果があることが分かっている。

 本書に付いているCDには、医学的根拠をベースに作られた、自律神経に働きかける9曲が収められている。単に癒やされるだけでなく、メロディーラインの要所に“変化”が織り込まれ、起承転結のストーリー性を感じさせる曲調となっている。曲を聴きながら思いを膨らませることで、自律神経がバランスをキープできるようになるはずだ。

 心身の不調を感じたら、ぜひ聴いてみたい。

(アスコム 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード