「あの道・この道」高峰秀子・瀬木慎一著

公開日: 更新日:

 新東宝のプロデューサーが、昭和23年春の大作として、人気作家・太宰治書き下ろし、高峰秀子主演の映画を企画した。鎌倉で打ち合わせをしたとき、太宰は酔っぱらって「もっと飲ませろ、けち」などと怒鳴っていた。原作が半分ほどできたところで太宰は死んだが、ヒロインは丸顔で手足が細い女性になっていた。

「ちゃんとあの人、じろじろ見てたんですね、酔っ払ったふりして」と高峰秀子。故・高峰秀子が出会った文化人の思い出を語った、生誕90年記念復刊。

(河出書房新社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る

人気キーワード