「老耄と哲学」梅原猛著

公開日: 更新日:

 子どもの頃から体が弱く、不摂生で3度もがんにかかったにもかかわらず、無事に卒寿の年を迎えた著者が、飽くなき好奇心をもとにさまざまな事象をつづった新聞連載エッセー。本書は東京新聞、中日新聞に20年を超えて連載されてきた「思うままに」シリーズの最新刊で、東日本大震災を挟んだ2010年8月から14年9月初めまでのエッセーが掲載されている。

 哲学者として日本を研究し「草木国土」と共生する思想をもとに「人類の哲学」を書く着想を得ていた著者は、震災で「人間に奴隷の如く酷使された自然の怒り」という考えが欠如していたことに気づいた。そして90歳となった今、死やボケに追いつかれる前に、日本のみならず世界の人々を幸福にする新たな哲学をつくらなければならないという決意を述べる。

 健康論、野球論、政治論、戦争論なども収録。小松左京や吉本隆明、湯川秀樹、岡潔ら、自らの思想を形作る上で影響を受けた人々とのエピソードも興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  6. 6

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る

人気キーワード