• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老耄と哲学」梅原猛著

 子どもの頃から体が弱く、不摂生で3度もがんにかかったにもかかわらず、無事に卒寿の年を迎えた著者が、飽くなき好奇心をもとにさまざまな事象をつづった新聞連載エッセー。本書は東京新聞、中日新聞に20年を超えて連載されてきた「思うままに」シリーズの最新刊で、東日本大震災を挟んだ2010年8月から14年9月初めまでのエッセーが掲載されている。

 哲学者として日本を研究し「草木国土」と共生する思想をもとに「人類の哲学」を書く着想を得ていた著者は、震災で「人間に奴隷の如く酷使された自然の怒り」という考えが欠如していたことに気づいた。そして90歳となった今、死やボケに追いつかれる前に、日本のみならず世界の人々を幸福にする新たな哲学をつくらなければならないという決意を述べる。

 健康論、野球論、政治論、戦争論なども収録。小松左京や吉本隆明、湯川秀樹、岡潔ら、自らの思想を形作る上で影響を受けた人々とのエピソードも興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る