北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「波に乗る」はらだみずき著

公開日: 更新日:

 はらだみずきはサッカー小説で知られる作家だが、これは異なる。ここで描かれるのはなんとサーフィンだ。サッカーだけの作家ではないのである。引き出しはまだまだあるということだ。いや、サーフィンは物語の背景にあるだけで、この長編の中心ではない。では中心にあるのは何か。

 大学を卒業して就職した会社を1カ月で辞めた文哉のもとに、父親の死の知らせが届くところからこの物語は始まっていく。まず、文哉と父親がどういう親子だったかを書いておけば、文哉が幼いときに両親が離婚。彼は姉と一緒に父親に引き取られる。姉が家を出て行ってからは父親と2人暮らし。会話もない生活だった。

 大学入学と同時に文哉は親元を離れて自立し、それ以降はめったに家にも帰らず、そのうちに父親は会社を辞めて南房総に引っ越していく。その知らせをもらったときも深くは考えなかった。彼らはそういう親子である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る