北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「波の音が消えるまで」(上・下)沢木耕太郎著

公開日:  更新日:

 著者初のエンターテインメント小説だ。なんと博打小説である。しかも、博打シーンを物語の彩りにしているだけで主眼は別のところにあるというわけではなく、最初から最後まで博打がメーン。つまり、本格的な博打小説である。種目はバカラだ。

 バカラを少しだけ紹介すると、カードを「バンカー」サイドと、「プレーヤー」サイドに2~3枚配り、その数の合計数の多いほうが勝ち。10の位はカットするので「14」と「8」なら、「8」のほうが勝ち。客はどちらが勝つのかを推理して賭けるゲームだ。

 ディーラーの心理が投影されない一種の丁半博打なので、どちらが勝つかは常に五分五分。本来なら必勝法はあり得ない。にもかかわらず、必勝法を探す男が主人公になるのだ。その模索の過程が最大の読みどころ。

 物語はとてもスリリングに展開していく。読み始めたらやめられない面白さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る