北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「波の音が消えるまで」(上・下)沢木耕太郎著

公開日:  更新日:

 著者初のエンターテインメント小説だ。なんと博打小説である。しかも、博打シーンを物語の彩りにしているだけで主眼は別のところにあるというわけではなく、最初から最後まで博打がメーン。つまり、本格的な博打小説である。種目はバカラだ。

 バカラを少しだけ紹介すると、カードを「バンカー」サイドと、「プレーヤー」サイドに2~3枚配り、その数の合計数の多いほうが勝ち。10の位はカットするので「14」と「8」なら、「8」のほうが勝ち。客はどちらが勝つのかを推理して賭けるゲームだ。

 ディーラーの心理が投影されない一種の丁半博打なので、どちらが勝つかは常に五分五分。本来なら必勝法はあり得ない。にもかかわらず、必勝法を探す男が主人公になるのだ。その模索の過程が最大の読みどころ。

 物語はとてもスリリングに展開していく。読み始めたらやめられない面白さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る