北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「魔術師の視線」本多孝好著

公開日: 更新日:

 小説巧者は、派手な道具立てを作らずにスリリングな話を紡ぎだす。たとえば本書は、楠瀬薫のもとを14歳の少女礼が訪ねてくるのが発端である。ビデオジャーナリストの薫は3年前に、超能力少女として売り出した礼の嘘を暴露した。結果として礼はスキャンダルの渦中に放り込まれる。そこまでするつもりのなかった楠瀬薫は、騒ぎが一段落してから訪ね、詫びるつもりで「何かあったら電話して」と声をかける。その言葉を覚えていた礼が薫を訪ねてきた。ストーカーに悩まされている、相談する大人がいないと礼は言う。しかし、それは少女の狂言ではないかと薫は考える。

 これが冒頭の挿話で、雑誌記者時代の先輩友紀、礼にインチキを教えた超能力者宮城大悟、突然入閣した政治家の寺内隆宏、薫が所属する事務所の社長塚越などが、この挿話を縫うように登場する。美人教授八木葉子と寺内隆宏の密会を暴露した回想もここに登場する。それが100ページちょっと。全体の3分の1だが、主要な人物も出来事も、ここまででだいたい出そろっている。ここからどんな話を紡ぎだすかは本書を読まれたい。驚くほど色彩感豊かな話が展開するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る