北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「僕は小説が書けない」中村航・中田永一著

公開日:  更新日:

 高校1年の光太郎は廃部寸前の文芸部に入り、小説を書かなければならなくなる――これはその顛末を描いた学園小説で、軽妙に読ませるが、そういうことよりも本書成立の事情が興味深い。

 本書は、中村航と中田永一という人気作家が合作した作品なのだが、興味深い成立の事情とはそういうことではない。

「ものがたりソフト」を使って書かれた小説だというのである。芝浦工業大学卒業の中村航は、母校が開発中の「ものがたりソフト」を使って小説を書くことを中田永一に提案し、そして合作したというのだ。

 この「ものがたりソフト」とは、小説を書くことを手助けしてくれるソフトで、何もせずに小説が出来るものではない。「あらすじ」「キャラクター」「プロット」などの要素に必要な事柄をシステムが問いかけてきて、ユーザーはその質問に答えていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る