北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「僕は小説が書けない」中村航・中田永一著

公開日: 更新日:

 高校1年の光太郎は廃部寸前の文芸部に入り、小説を書かなければならなくなる――これはその顛末を描いた学園小説で、軽妙に読ませるが、そういうことよりも本書成立の事情が興味深い。

 本書は、中村航と中田永一という人気作家が合作した作品なのだが、興味深い成立の事情とはそういうことではない。

「ものがたりソフト」を使って書かれた小説だというのである。芝浦工業大学卒業の中村航は、母校が開発中の「ものがたりソフト」を使って小説を書くことを中田永一に提案し、そして合作したというのだ。

 この「ものがたりソフト」とは、小説を書くことを手助けしてくれるソフトで、何もせずに小説が出来るものではない。「あらすじ」「キャラクター」「プロット」などの要素に必要な事柄をシステムが問いかけてきて、ユーザーはその質問に答えていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る