北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「判決破棄(上・下)」マイクル・コナリー著、古沢嘉通訳

公開日:  更新日:

 マイクル・コナリーには、「ハリー・ボッシュ」シリーズと、「リンカーン弁護士」シリーズがある。どちらも人気シリーズだが、この2つが合体したらどうなるだろうという興味に応えた作品が本書。すなわち、「リンカーン弁護士」のミッキー・ハラーと、ハリー・ボッシュが共演する長編だ。

 どちらがゲストというわけではなく、どちらのシリーズでもあるとの趣向がミソ。つまり法廷の中を担当するのがミッキーで、法廷の外で調査を担当するのがボッシュ。どちらも主役なのである。交互に語り手となって物語は進んでいく。

 少女殺害事件で死刑判決を受けて24年間服役していた男の再審請求が認められ(DNA鑑定で、被害者のワンピースについていた精液が服役囚のものでないことが判明したのだ)、その裁判で特別検察官を務めるのがミッキー・ハラー。弁護士の彼が検察官を務めるのだ。その助手がボッシュ。圧倒的に不利な裁判を彼らがどう戦うのかが読みどころで、いやあ、たっぷりと読ませて飽きさせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る