• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大阪 地名の由来を歩く」 若一光司著

 わずか数文字の地名から、その土地の成り立ちや変化の過程、さらにはその土地での暮らしぶりなど、さまざまなことを推し量ることができるという著者による街ガイド。

 そもそも、古くからの呼称である難波から「大坂」、そして「大阪」へとなったのはなぜか。戦国時代、大坂は上町台地の北端を示す限定的な地名に過ぎなかったが、その地にあった石山本願寺の勢力拡大と共に広域地名化していった。そして「土に反る」が死を暗示するため「坂」から「阪」へと転じたという。その他、お馴染みの地名から「放出」など難読地名まで地名を読み解きながら大阪の名所・見所を歩く。(KKベストセラーズ 759円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る