「大阪 地名の由来を歩く」 若一光司著

公開日: 更新日:

 わずか数文字の地名から、その土地の成り立ちや変化の過程、さらにはその土地での暮らしぶりなど、さまざまなことを推し量ることができるという著者による街ガイド。

 そもそも、古くからの呼称である難波から「大坂」、そして「大阪」へとなったのはなぜか。戦国時代、大坂は上町台地の北端を示す限定的な地名に過ぎなかったが、その地にあった石山本願寺の勢力拡大と共に広域地名化していった。そして「土に反る」が死を暗示するため「坂」から「阪」へと転じたという。その他、お馴染みの地名から「放出」など難読地名まで地名を読み解きながら大阪の名所・見所を歩く。(KKベストセラーズ 759円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る