東京の真実に迫った「新・東京ガイド」本特集

公開日:  更新日:

「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」

 2020年五輪に向けて、東京は猛スピードで変わろうとしている。しかし、最新技術を駆使し、汚濁を排除し、美しさと機能性と安全性を誇るだけが東京ではない。知られざるディープスポット、忘れてはいけない負の遺産、受け継がれる街の伝統……。そんな東京の真実に迫ったガイド本を紹介しよう。

 大手旅行会社や観光ガイド本が絶対に紹介しない、へんちくりんなスポットやイベントを紹介するウェブサイトがある。「東京別視点ガイド」だ。この中から選りすぐりのへんちくりんスポットを再取材・再構成したのが「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」(青月社 1200円+税)である。

 著者は同サイト編集長の松澤茂信氏。れっきとした東京ガイド本だが、スカイツリーもディズニーランドも載っていない。1章「驚きのTOKYOグルメ」では、水色のラーメンやコーヒーラーメンなど食欲をそぐ珍料理の店を紹介。エイの刺し身を発酵させたホンオフェを紹介するにあたっては「小便器を鼻に詰め込まれたのかと思った」と解説。味の問題ではない。キテレツが選考基準である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る