• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「首都大地震 揺れやすさマップ」目黒公郎監修

<土地の“生い立ち”を知れば、地震の際の危険度が分かる!>

 地震情報を見ていると、いつも周囲より揺れが強い地域があることに気づく。不思議に思えるが、国土地理院の土地情報や、昔の地図を見ることで、その理由はすぐに分かる。その成り立ちが海水面の低下でできた平坦地であったり、“新田”と名の付いていた湿地帯だった場合には、地盤が軟弱で揺れやすい性質を持っているのだ。

 目黒公郎監修「首都大地震 揺れやすさマップ」(旬報社 1800円)では、見開きページに、同じ場所の“現代地図”と“関東大震災前の地図”を掲載。色分けによって、土地の生い立ちや地震での揺れやすさなどを示している。

 例えば、スカイツリーの完成以降人気のスポットとなっている墨田区、江東区、江戸川区の一帯。実はこの地域、もともとは海水面の低下や河口の堆積作用で形成された平坦地。地盤は砂や粘土からなり、非常に軟弱であることが、関東大震災前の地図から分かる。現在では埋め立てて造成した盛り土地となっているが、地震の際はもっとも危険な、揺れやすさ「大」に評価されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る