「首都大地震 揺れやすさマップ」目黒公郎監修

公開日: 更新日:

<土地の“生い立ち”を知れば、地震の際の危険度が分かる!>

 地震情報を見ていると、いつも周囲より揺れが強い地域があることに気づく。不思議に思えるが、国土地理院の土地情報や、昔の地図を見ることで、その理由はすぐに分かる。その成り立ちが海水面の低下でできた平坦地であったり、“新田”と名の付いていた湿地帯だった場合には、地盤が軟弱で揺れやすい性質を持っているのだ。

 目黒公郎監修「首都大地震 揺れやすさマップ」(旬報社 1800円)では、見開きページに、同じ場所の“現代地図”と“関東大震災前の地図”を掲載。色分けによって、土地の生い立ちや地震での揺れやすさなどを示している。

 例えば、スカイツリーの完成以降人気のスポットとなっている墨田区、江東区、江戸川区の一帯。実はこの地域、もともとは海水面の低下や河口の堆積作用で形成された平坦地。地盤は砂や粘土からなり、非常に軟弱であることが、関東大震災前の地図から分かる。現在では埋め立てて造成した盛り土地となっているが、地震の際はもっとも危険な、揺れやすさ「大」に評価されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード