「幻の五大美術館と明治の実業家たち」中野明著

公開日: 更新日:

 大倉集古館など明治の企業人のコレクションをルーツにした美術館は多い。一方で、美術館設立の夢を果たせなかった人々もいる。そうした世に存在、あるいは存続できなかった「幻の美術館」の事績をたどったノンフィクション。

 三井物産の創設者で、利休以来の大茶人としても有名な益田孝。彼のコレクションには後に国宝となった「源氏物語絵巻」などの逸品が多数あった。そうした美術品入手の経緯などを紹介しながら、益田死後のコレクションの行方までたどる。その他、生糸王原富太郎ら5人の希代のコレクターと彼らの元に集まった美術品の数奇な運命を紹介する。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る