「幻の五大美術館と明治の実業家たち」中野明著

公開日:  更新日:

 大倉集古館など明治の企業人のコレクションをルーツにした美術館は多い。一方で、美術館設立の夢を果たせなかった人々もいる。そうした世に存在、あるいは存続できなかった「幻の美術館」の事績をたどったノンフィクション。

 三井物産の創設者で、利休以来の大茶人としても有名な益田孝。彼のコレクションには後に国宝となった「源氏物語絵巻」などの逸品が多数あった。そうした美術品入手の経緯などを紹介しながら、益田死後のコレクションの行方までたどる。その他、生糸王原富太郎ら5人の希代のコレクターと彼らの元に集まった美術品の数奇な運命を紹介する。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る