「消えた名画」大友義博監修

公開日: 更新日:

 盗難などで表舞台から姿を消した傑作絵画と、それぞれの名画がたどった数奇の物語を紹介するアート本。

 1990年に史上最大といわれる美術品窃盗事件がアメリカのボストンで発生。犯人の2人組は、市警になりすましてイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館の正面入り口から堂々と館内に入り、警備員を監禁して13点もの美術品を盗み出した。その中のひとつがフェルメールの「合奏」だった。フェルメール作品は、世界でわずか三十数点しか確認されておらず、同作品の市場価値は1億ドルとも2億ドルともいわれている。同美術館では、盗まれた絵が飾られていた場所に空の額縁だけが置かれ、今もその帰還を待っている。

 最近では2012年にオランダ・ロッテルダムのクンストハル美術館で、展示中だったゴーギャンの「開いた窓の前の女」など著名画家の作品ばかり7点が盗まれた。犯人は捕まったものの、作品は暖炉で燃やされた可能性が高いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る