「消えた名画」大友義博監修

公開日:  更新日:

 盗難などで表舞台から姿を消した傑作絵画と、それぞれの名画がたどった数奇の物語を紹介するアート本。

 1990年に史上最大といわれる美術品窃盗事件がアメリカのボストンで発生。犯人の2人組は、市警になりすましてイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館の正面入り口から堂々と館内に入り、警備員を監禁して13点もの美術品を盗み出した。その中のひとつがフェルメールの「合奏」だった。フェルメール作品は、世界でわずか三十数点しか確認されておらず、同作品の市場価値は1億ドルとも2億ドルともいわれている。同美術館では、盗まれた絵が飾られていた場所に空の額縁だけが置かれ、今もその帰還を待っている。

 最近では2012年にオランダ・ロッテルダムのクンストハル美術館で、展示中だったゴーギャンの「開いた窓の前の女」など著名画家の作品ばかり7点が盗まれた。犯人は捕まったものの、作品は暖炉で燃やされた可能性が高いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る