• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゴッホのひまわり全点謎解きの旅」朽木ゆり子著

■ゴッホのひまわり全11作品の物語

 ゴッホの代表作「ひまわり」をテーマにした美術本。

 名画の中でもひときわ人気が高い「ひまわり」は、東京の損保ジャパン東郷青児美術館などが所蔵する全11作品が確認されている。しかし、1920年に日本の実業家が購入した1枚は戦災で焼失、また個人蔵の1枚は1948年以降、一度も展覧会に出品されておらず、65年間見た者がいないという。ゴッホは、アルル時代の6カ月に花瓶に入ったひまわりの絵7作品を、その前のパリ時代にテーブルに置かれたひまわりを描いた絵4枚を完成させている。それぞれの作品の誕生の背景から、現在の所蔵者へたどり着くまでの過程など、11作品すべての物語をたどる。
(集英社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る