「南方熊楠コレクション」河出書房新社から復刊

公開日:  更新日:

 近代日本を代表する博物学者・南方熊楠の著作で構成する「南方熊楠コレクション」が河出書房新社から復刊された。

「南方マンダラ」(1200円+税)、「南方民俗学」(1420円+税)、「浄のセクソロジー」(1420円+税)、「動と不動のコスモロジー」(1200円+税)、「森の思想」(1420円+税)の全5巻構成。

 熊楠は生物学、民俗学など幅広い分野で活躍し、昨年、小保方晴子のSTAP細胞論文問題で話題になった英「ネイチャー」誌では彼の論文が51回も掲載されるなど世界的に認められた学者である。

 また、熊楠は性の思想家でもあり、特に男性の同性愛については大変な興味を持っていて、男の同性愛の世界には、男性社会特有の道徳や人間的威厳があり、高い精神的な価値が生み出せると考えていた。編者の中沢新一は解題で、熊楠がエロチシズムへの深い関心を持ちながらも、41歳で結婚するまで童貞で、生涯で妻以外の人と性交渉をしなかったことを自慢していたエピソードを明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る