• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「南方熊楠コレクション」河出書房新社から復刊

 近代日本を代表する博物学者・南方熊楠の著作で構成する「南方熊楠コレクション」が河出書房新社から復刊された。

「南方マンダラ」(1200円+税)、「南方民俗学」(1420円+税)、「浄のセクソロジー」(1420円+税)、「動と不動のコスモロジー」(1200円+税)、「森の思想」(1420円+税)の全5巻構成。

 熊楠は生物学、民俗学など幅広い分野で活躍し、昨年、小保方晴子のSTAP細胞論文問題で話題になった英「ネイチャー」誌では彼の論文が51回も掲載されるなど世界的に認められた学者である。

 また、熊楠は性の思想家でもあり、特に男性の同性愛については大変な興味を持っていて、男の同性愛の世界には、男性社会特有の道徳や人間的威厳があり、高い精神的な価値が生み出せると考えていた。編者の中沢新一は解題で、熊楠がエロチシズムへの深い関心を持ちながらも、41歳で結婚するまで童貞で、生涯で妻以外の人と性交渉をしなかったことを自慢していたエピソードを明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る