「南方熊楠コレクション」河出書房新社から復刊

公開日: 更新日:

 近代日本を代表する博物学者・南方熊楠の著作で構成する「南方熊楠コレクション」が河出書房新社から復刊された。

「南方マンダラ」(1200円+税)、「南方民俗学」(1420円+税)、「浄のセクソロジー」(1420円+税)、「動と不動のコスモロジー」(1200円+税)、「森の思想」(1420円+税)の全5巻構成。

 熊楠は生物学、民俗学など幅広い分野で活躍し、昨年、小保方晴子のSTAP細胞論文問題で話題になった英「ネイチャー」誌では彼の論文が51回も掲載されるなど世界的に認められた学者である。

 また、熊楠は性の思想家でもあり、特に男性の同性愛については大変な興味を持っていて、男の同性愛の世界には、男性社会特有の道徳や人間的威厳があり、高い精神的な価値が生み出せると考えていた。編者の中沢新一は解題で、熊楠がエロチシズムへの深い関心を持ちながらも、41歳で結婚するまで童貞で、生涯で妻以外の人と性交渉をしなかったことを自慢していたエピソードを明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る