「プーチン 人間的考察」木村汎著

公開日:  更新日:

「プーチンって、誰?」

 1999年末、ロシアのエリツィン大統領が後継者としてウラジーミル・プーチンを選んだとき、世界のクレムリン・ウオッチャーたちでさえ、彼の名を知らなかった。KGBの職員から大統領に上り詰めたプーチンとは何者なのか。15年もの間ロシアの頂点に君臨しながら、冒頭の疑問は解消されていない。なぜなら、プーチンの私生活は秘密主義の壁に守られているからだ。

 ソ連・ロシア研究の第一人者である著者は、立ちはだかる壁の隙間をかいくぐるように資料やエピソードの断片を収集し、公的伝記を疑い、プーチンの実像に迫ろうと試みた。

 半独裁的なプーチノクラシー(プーチンの統治)は、法や制度ではなく、血縁、地縁、職歴、趣味などを通じてインフォーマルに築かれた人脈「プーチン・チーム」によって運営されている。プーチンを知らなければロシアの政治状況も、どこに向かおうとしているのかも見えてこない。著者がプーチンの人間考察に力点を置いた理由はそこにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る