「プーチン 人間的考察」木村汎著

公開日: 更新日:

「プーチンって、誰?」

 1999年末、ロシアのエリツィン大統領が後継者としてウラジーミル・プーチンを選んだとき、世界のクレムリン・ウオッチャーたちでさえ、彼の名を知らなかった。KGBの職員から大統領に上り詰めたプーチンとは何者なのか。15年もの間ロシアの頂点に君臨しながら、冒頭の疑問は解消されていない。なぜなら、プーチンの私生活は秘密主義の壁に守られているからだ。

 ソ連・ロシア研究の第一人者である著者は、立ちはだかる壁の隙間をかいくぐるように資料やエピソードの断片を収集し、公的伝記を疑い、プーチンの実像に迫ろうと試みた。

 半独裁的なプーチノクラシー(プーチンの統治)は、法や制度ではなく、血縁、地縁、職歴、趣味などを通じてインフォーマルに築かれた人脈「プーチン・チーム」によって運営されている。プーチンを知らなければロシアの政治状況も、どこに向かおうとしているのかも見えてこない。著者がプーチンの人間考察に力点を置いた理由はそこにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る

人気キーワード