• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マイ・フレンド 高田渡青春日記1966─1969」 高田渡、高田漣著

 フォーク・ミュージシャン高田渡は、1968年、「自衛隊に入ろう」で注目を浴び、翌年レコードデビュー。以来約40年間歌い続け、2005年、56歳で亡くなった。

 17~18歳の青春期に、高田は日記を書いていた。「マイ・フレンド」と名づけられた数冊のノートは、横書きの細かい文字で埋め尽くされている。そこには、アメリカのフォーク・ソングに魅せられた青年が、フォーク歌手になると決意し、手探りで歩きはじめる道のりが克明に記されている。

 押し入れの奥にしまわれていたこの古いノートは、没後10年を経て、ミュージシャンである息子・高田漣の手で世に出ることになった。

 注釈はなく、表記も傍線も原文のまま。若き高田の心の動きがそのまま伝わってくる。

 書き出しは1966年3月13日。当時の高田は東京・三鷹に住み、代々木にある印刷工場で働いていた。会社にはしばしば遅刻、時々無断欠勤。気持ちはひたすらフォーク・ソングに向いていた。レコード店や楽器店を歩き回り、バンジョーを手づくりし、民衆の歌のあり方に思いを巡らせる。フォーク・ソング評論家の家を探し当てていきなり訪ねたかと思うと、大好きなフォーク・シンガー、ピート・シーガーに英語で手紙を書き送る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る