• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マイ・フレンド 高田渡青春日記1966─1969」 高田渡、高田漣著

 フォーク・ミュージシャン高田渡は、1968年、「自衛隊に入ろう」で注目を浴び、翌年レコードデビュー。以来約40年間歌い続け、2005年、56歳で亡くなった。

 17~18歳の青春期に、高田は日記を書いていた。「マイ・フレンド」と名づけられた数冊のノートは、横書きの細かい文字で埋め尽くされている。そこには、アメリカのフォーク・ソングに魅せられた青年が、フォーク歌手になると決意し、手探りで歩きはじめる道のりが克明に記されている。

 押し入れの奥にしまわれていたこの古いノートは、没後10年を経て、ミュージシャンである息子・高田漣の手で世に出ることになった。

 注釈はなく、表記も傍線も原文のまま。若き高田の心の動きがそのまま伝わってくる。

 書き出しは1966年3月13日。当時の高田は東京・三鷹に住み、代々木にある印刷工場で働いていた。会社にはしばしば遅刻、時々無断欠勤。気持ちはひたすらフォーク・ソングに向いていた。レコード店や楽器店を歩き回り、バンジョーを手づくりし、民衆の歌のあり方に思いを巡らせる。フォーク・ソング評論家の家を探し当てていきなり訪ねたかと思うと、大好きなフォーク・シンガー、ピート・シーガーに英語で手紙を書き送る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る