「あしたのこころだ 小沢昭一的風景をめぐる」 三田完著

公開日:  更新日:

 小沢昭一は2012年12月、83歳の生涯に幕を閉じた。亡くなる直前まで、40年続いたTBSラジオの番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の収録を続けていた。
 著者は作家で元NHKのディレクター。2009年からこの長寿番組の筋書き作家となり、晩年の 小沢と交流を持った。「小沢昭一的風景」を巡る著者の旅は、千日谷会堂で営まれた小沢の通夜の場面から始まる。そして、亡き人を偲びながらゆかりの地を訪ね歩き、過去へとさかのぼっていく。菩提寺のある向島、小沢がこよなく愛した下諏訪温泉のみなとや旅館、小沢が生まれ育った蒲田界隈……。

 旅の道連れは、くだんのラジオ番組のプロデューサーをはじめ、小沢と縁の深かった人たちで、交わされる会話の端々から小沢への敬愛の念がにじみ出る。やや珍道中めいた小沢紀行から、小沢の素顔が垣間見えてくる。

 蒲田の写真館に生まれ、麻布中学から早稲田大学に進学。学生劇団を経て新劇の世界へ。映画でも個性的な役を演じた。人生の折り返し点を過ぎてから、日本の放浪芸の研究を始め、変哲の俳号で句をひねり、ラジオの話芸で小沢節を確立。多彩な人だった。ハーモニカ、しゃぼん玉、路地歩き、ストリップに特殊浴場。渋くて、おかしくて、ちょっと助べえで、哀愁も漂う昭和のおじさん。小沢昭一にはそんなイメージがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る