「あしたのこころだ 小沢昭一的風景をめぐる」 三田完著

公開日: 更新日:

 小沢昭一は2012年12月、83歳の生涯に幕を閉じた。亡くなる直前まで、40年続いたTBSラジオの番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の収録を続けていた。
 著者は作家で元NHKのディレクター。2009年からこの長寿番組の筋書き作家となり、晩年の 小沢と交流を持った。「小沢昭一的風景」を巡る著者の旅は、千日谷会堂で営まれた小沢の通夜の場面から始まる。そして、亡き人を偲びながらゆかりの地を訪ね歩き、過去へとさかのぼっていく。菩提寺のある向島、小沢がこよなく愛した下諏訪温泉のみなとや旅館、小沢が生まれ育った蒲田界隈……。

 旅の道連れは、くだんのラジオ番組のプロデューサーをはじめ、小沢と縁の深かった人たちで、交わされる会話の端々から小沢への敬愛の念がにじみ出る。やや珍道中めいた小沢紀行から、小沢の素顔が垣間見えてくる。

 蒲田の写真館に生まれ、麻布中学から早稲田大学に進学。学生劇団を経て新劇の世界へ。映画でも個性的な役を演じた。人生の折り返し点を過ぎてから、日本の放浪芸の研究を始め、変哲の俳号で句をひねり、ラジオの話芸で小沢節を確立。多彩な人だった。ハーモニカ、しゃぼん玉、路地歩き、ストリップに特殊浴場。渋くて、おかしくて、ちょっと助べえで、哀愁も漂う昭和のおじさん。小沢昭一にはそんなイメージがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る