• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「映画で読み解く現代アメリカ─オバマの時代」 越智道雄監修 小澤奈美恵・塩谷幸子編著

 映画を通して、オバマ政権下の現代米国社会の動向や文化の諸相を解説したアメリカ本。

 奴隷制度を廃止し南北戦争による国家分裂の危機を回避した第16代大統領を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」では、奴隷制度廃止法案を通すために苦闘するリンカーンに、医療保険制度改革などの法案を逆風の中で通すオバマを重ねる。また、ドキュメンタリー「キャピタリズム」と「インサイド・ジョブ」を比較しながら、ウォール街と国家が結託して引き起こした金融危機のカラクリを解説するなど。政治、経済から宗教、セクシュアリティーなどさまざまなテーマからアメリカの素顔に迫る。(明石書店 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る