「映画で読み解く現代アメリカ─オバマの時代」 越智道雄監修 小澤奈美恵・塩谷幸子編著

公開日:  更新日:

 映画を通して、オバマ政権下の現代米国社会の動向や文化の諸相を解説したアメリカ本。

 奴隷制度を廃止し南北戦争による国家分裂の危機を回避した第16代大統領を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」では、奴隷制度廃止法案を通すために苦闘するリンカーンに、医療保険制度改革などの法案を逆風の中で通すオバマを重ねる。また、ドキュメンタリー「キャピタリズム」と「インサイド・ジョブ」を比較しながら、ウォール街と国家が結託して引き起こした金融危機のカラクリを解説するなど。政治、経済から宗教、セクシュアリティーなどさまざまなテーマからアメリカの素顔に迫る。(明石書店 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る