• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夏の沈黙」ルネ・ナイト著 古賀弥生訳

 キャサリンは、制作したドキュメンタリー番組が受賞し、順風満帆の人生を送っていた。そんな中、引っ越しをしたキャサリンは、新居で手にした本を読んで血の気が引く。そこには家族にも明かしていない20年前の彼女の秘密が書かれていた。キャサリンをモデルにしたとしか思えない主人公は、小説の中で悲惨な結末を迎えていた。記憶をたどると本は旧宅から郵便物として転送されてきたものだった。誰が本を書き、送り付けてきたのか。キャサリンは、はるか昔、請われて一度会ったナンシーを思い出す。調べるとナンシーは既に病死し、彼女が死んだと言っていた夫が生きていることが分かった。

 謎めいた展開で一気読み必至の長編ミステリー。

(東京創元社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る