「越境へ。」西きょうじ、津田大介著

公開日:  更新日:

 20年前、予備校講師と生徒として出会った2人による対談集。津田氏にとって10歳年上の西氏は、初めて身近に触れた天才だった。そんな予備校時代の思い出や、それぞれの青春時代の体験を語り合いながら、若い世代に向け、先の見えない現代日本を生き抜くための方法を説く。

 出版社からの正社員の誘いを断ってきた津田氏は、東日本大震災の折、災害情報と向き合い整理しながら発信しているときに「自分はこれをするために就職しなかったんだ」と感じたという。そうした思いを打ち明けながら、働くとはどういうことかを論じる。他、社会とは、そして今をどう生きるかなどをテーマに、何よりも「越境する勇気」の大切さを伝える。(亜紀書房 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る