全人類が集まってジャンプすると、大量の墓が必要になる!?

公開日:  更新日:

「すべての人間が1カ所に集まりジャンプしたらどうなるか」。そんなバカげた疑問に真剣に答えているのが、ランドール・マンロー著、吉田三知世訳「ホワット・イフ?」(早川書房 1500円+税)。ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに34週連続ランクインした大ヒット作であり、あらゆる突拍子もない疑問に対し、科学や数学、そしてシンプルな漫画を用いて答えを導き出している。

 全人類が1カ所に集まり、できるだけくっついた状態で一斉にジャンプするとどうなるのか。実は、地球にはほとんど何の影響もないという。地球は人間全員を合わせたよりも10兆倍も重い。全人類が一斉に地球を蹴って跳び上がっても、原子1個分ほども押しやることはできないそうだ。

 さらに、人間全員が数十センチの高さから着地すると、理屈の上では大きなエネルギーが加わることになる。しかし、地球上の人間すべてが集まるには、アメリカの北東部のロードアイランド州を埋め尽くすぐらいの面積が必要だ。つまり、着地のエネルギーも広い面積に分散されてしまうため、せいぜい地面に足跡が付く程度なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る