全人類が集まってジャンプすると、大量の墓が必要になる!?

公開日:  更新日:

「すべての人間が1カ所に集まりジャンプしたらどうなるか」。そんなバカげた疑問に真剣に答えているのが、ランドール・マンロー著、吉田三知世訳「ホワット・イフ?」(早川書房 1500円+税)。ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに34週連続ランクインした大ヒット作であり、あらゆる突拍子もない疑問に対し、科学や数学、そしてシンプルな漫画を用いて答えを導き出している。

 全人類が1カ所に集まり、できるだけくっついた状態で一斉にジャンプするとどうなるのか。実は、地球にはほとんど何の影響もないという。地球は人間全員を合わせたよりも10兆倍も重い。全人類が一斉に地球を蹴って跳び上がっても、原子1個分ほども押しやることはできないそうだ。

 さらに、人間全員が数十センチの高さから着地すると、理屈の上では大きなエネルギーが加わることになる。しかし、地球上の人間すべてが集まるには、アメリカの北東部のロードアイランド州を埋め尽くすぐらいの面積が必要だ。つまり、着地のエネルギーも広い面積に分散されてしまうため、せいぜい地面に足跡が付く程度なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る