国民総記者時代の「炎上」のメカニズムを分析

公開日:  更新日:

 かつて、情報発信はマスコミだけが果たせる社会的行為だった。しかし、SNSが使われるようになった現在、誰もが自由に、自分だけの判断で情報発信が行えるようになっている。その結果生じているのが、「炎上」だ。

 小峯隆生著「『炎上』と『拡散』の考現学」(祥伝社 1500円+税)では、今ネットで起きている現象について学術的に解析。どのようにして炎上が広がっていくのか、その仕組みを数式化やグラフ化をしながら、ひもといていく。

 SNSを使った情報発信は、その動機と目的から「自己宣伝」「自己防衛」「他者への攻撃」「反論」に分類される。そして、いずれにも共通して「自分のプラスになる(だろう)」という思いがある。しかし、これに反して「Informing(情報の変質)」が起こるのがネットの特徴でもある。

 情報発信者aが受け手のbに情報xをxaとして発信すると、bの意見などを加えたxbとなって再発信される。この瞬間、情報はInformingを開始するが、肯定が加えられ続けた場合は+xnとなって拡散されヒットにつながる。しかし、情報が否定されて-xnになると、Informingはマイナス方向に曲線を描き、炎上が始まることとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る