2045年には人工知能が人類を支配する!?

公開日:  更新日:

「ターミネーター」などのSF映画で、人類に牙をむく存在として描かれる人工知能(AI)。果たしてこれは、本当に映画の中だけの絵空事なのだろうか。

 ジェイムズ・バラット著「人工知能 人類最悪にして最後の発明」(水谷淳訳 ダイヤモンド社 2000円+税)では、近年、爆発的に進化しているAIの危険性を分析しながら、そのスピードに警鐘を鳴らしている。

 AIとは、視覚認知や言語認識、そして意思決定など、本来は人間の知能を必要とする課題を実行できるコンピューターシステムのこと。これまでは、人間の生活を助け、役に立つものとして認識されてきた。しかし、凄まじい勢いで進む研究開発は、人間に匹敵するAIまでも生み出そうとしている。それは、新たな技術や新たな真実を学び、自らを向上させる能力を持つ人工汎用知能(AGI)だ。


 高度な知能と自意識を兼ね備えた人工知能は、ただひたすらに“自己進化”という目的達成に突き進む。そして、人間を上回る人工知能が制御を失い暴走をはじめたとき、我々にはすでになすすべがない。本書では、高度な人工知能が送電網などのインフラを乗っ取った場合、そして戦争に用いられた場合などの危機についてもシミュレーションしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る