• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2045年には人工知能が人類を支配する!?

「ターミネーター」などのSF映画で、人類に牙をむく存在として描かれる人工知能(AI)。果たしてこれは、本当に映画の中だけの絵空事なのだろうか。

 ジェイムズ・バラット著「人工知能 人類最悪にして最後の発明」(水谷淳訳 ダイヤモンド社 2000円+税)では、近年、爆発的に進化しているAIの危険性を分析しながら、そのスピードに警鐘を鳴らしている。

 AIとは、視覚認知や言語認識、そして意思決定など、本来は人間の知能を必要とする課題を実行できるコンピューターシステムのこと。これまでは、人間の生活を助け、役に立つものとして認識されてきた。しかし、凄まじい勢いで進む研究開発は、人間に匹敵するAIまでも生み出そうとしている。それは、新たな技術や新たな真実を学び、自らを向上させる能力を持つ人工汎用知能(AGI)だ。


 高度な知能と自意識を兼ね備えた人工知能は、ただひたすらに“自己進化”という目的達成に突き進む。そして、人間を上回る人工知能が制御を失い暴走をはじめたとき、我々にはすでになすすべがない。本書では、高度な人工知能が送電網などのインフラを乗っ取った場合、そして戦争に用いられた場合などの危機についてもシミュレーションしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る