認知症で年間1万人が行方不明となる日本の異常

公開日:  更新日:

 NHK取材班著「認知症・行方不明者1万人の衝撃」(幻冬舎 1600円+税)は、昨年放送されたNHKスペシャルの書籍化。どこの誰かも分からぬまま、行方知れずとなるか、あるいは命を落とす。そんな高齢者が年間1万人もいるという現代日本の異常な実態をリポートしている。

 同局が取材を始めたのは2013年のこと。警視庁が公表している〈行方不明者の状況〉という統計情報を目にしたことがきっかけだった。そこには行方不明の原因が一覧表で示されており、12年の統計では「認知症または認知症の疑い」とされた人が9607人にも上っていたのだ。

 本書では、行方不明者の家族にも多数取材を行っている。例えば、東京都稲城市在住の吉澤マユミさん(74歳)。12年3月26日の午後6時過ぎ、認知症による徘徊の症状があった夫の賢三さん(76歳)が行方不明になってしまった。近所の駐在所や消防にも連絡したが、一向に見つからない。多摩中央警察署にも捜索願を届けたが、事件性はないので捜査は難しいと言われたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る