「藪医 ふらここ堂」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 神田三河町の小児科医、天野三哲は、朝が苦手なうえ無愛想で、〈藪のふらここ堂〉とあだ名されている。あるとき、駿河町の大店、坂本屋の手代が飛び込んできた。主の子どもが高熱を出したのに、かかりつけの医者が留守だという。

 娘のおゆんを連れて行ってみると、火鉢で熱気がこもった奥の座敷で上等な布団の山に埋もれて4、5歳の子どもが寝ている。三哲はおゆんに解熱剤を出すように言ったが、薬箱の中には干からびた生姜のようなものが転がっているだけだ。すると三哲は立てこめた障子を開け放ち、布団の山をはがし始めた。「な、何をなさるっ」

 江戸の名物小児科医を描いた9編の短編集。
(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  8. 8

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

もっと見る