「逆境の教科書」山口伸廣著

公開日:  更新日:

 建築会社を経営していた著者は、経理担当としてもぐりこんだ乗っ取り屋に年商100億の会社、個人資産230億円、すべてを奪われた。住んでいた家も銀行に差し押さえられたが、売りにくい物件だったため、銀行と交渉して販売を代行することにした。その利益を元手に新しい商売を始めるが、それは競売物件ビジネスだった。どん底の中に再起のきっかけがあったのだ。

 逆境を乗り越えるためにはまず手帳を買え、と著者は言う。その手帳に今抱えているトラブルや問題をバラバラに分解して書くと、悩みは悩みでなくなるのだ。地獄を見た著者が逆境から這い上がるためのノウハウを伝授する。

(集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る