「太閤の巨いなる遺命」岩井三四二著

公開日: 更新日:

 関ケ原の合戦後、豊臣の臣下、小西家に仕えていた彦九郎は南蛮貿易の商人となった。4年前、商売を広げるため、かつての同僚だった坂崎陸之介をアユタヤに派遣したが、行方不明に。

 彦九郎は陸之介を捜すためシャムに渡り、キシャンガ島の密林の向こう側に巨大なガレオン船が集まっているのに気づく。

 そこで南蛮人に捕らえられ、造船の労務に使われるが、逃亡しようとした折に小頭を務めている陸之介に出会う。

 実は彼らは亡君、太閤秀吉の命令で海上の合戦用のガレオン船を造っていたのだ。そして、敵と目する相手は豊臣家を脅かす徳川だという。

 壮大なスケールで繰り広げられる歴史小説。

(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る