「太閤の巨いなる遺命」岩井三四二著

公開日: 更新日:

 関ケ原の合戦後、豊臣の臣下、小西家に仕えていた彦九郎は南蛮貿易の商人となった。4年前、商売を広げるため、かつての同僚だった坂崎陸之介をアユタヤに派遣したが、行方不明に。

 彦九郎は陸之介を捜すためシャムに渡り、キシャンガ島の密林の向こう側に巨大なガレオン船が集まっているのに気づく。

 そこで南蛮人に捕らえられ、造船の労務に使われるが、逃亡しようとした折に小頭を務めている陸之介に出会う。

 実は彼らは亡君、太閤秀吉の命令で海上の合戦用のガレオン船を造っていたのだ。そして、敵と目する相手は豊臣家を脅かす徳川だという。

 壮大なスケールで繰り広げられる歴史小説。

(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る