「君は人生を戦い抜く覚悟ができているか?」鳥越俊太郎著

公開日:  更新日:

 1989年、「サンデー毎日」は組閣3日後に〈清廉潔白〉が売りだった宇野宗佑首相の買春問題をスクープした。毎日新聞の政治部から回されてきた、首相の元愛人からのタレコミ電話がきっかけだった。当時は「政治家の色の話はしない」が不文律だったが、著者は、これは単なる政治家の艶聞ではなく、「男女平等時代の女性のあり方」にまつわる問題だと直感して取材を始めた。「何が悪いのかわからない」という反論もあったが、「ワシントン・ポスト」が取り上げたことから逆輸入の形で社会問題となった。

〈直感力〉と〈覚悟〉を武器に戦うジャーナリストの気迫に満ちた人生論。(日本実業出版社+税1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る