「君は人生を戦い抜く覚悟ができているか?」鳥越俊太郎著

公開日: 更新日:

 1989年、「サンデー毎日」は組閣3日後に〈清廉潔白〉が売りだった宇野宗佑首相の買春問題をスクープした。毎日新聞の政治部から回されてきた、首相の元愛人からのタレコミ電話がきっかけだった。当時は「政治家の色の話はしない」が不文律だったが、著者は、これは単なる政治家の艶聞ではなく、「男女平等時代の女性のあり方」にまつわる問題だと直感して取材を始めた。「何が悪いのかわからない」という反論もあったが、「ワシントン・ポスト」が取り上げたことから逆輸入の形で社会問題となった。

〈直感力〉と〈覚悟〉を武器に戦うジャーナリストの気迫に満ちた人生論。(日本実業出版社+税1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る