• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「卜伝飄々」風野真知雄著

 剣聖・塚原卜伝は、彼と立ち合って名を上げたいと考えるやからや、彼を敵と狙うやからにやたらと襲われる。あるとき、同じ渡し舟に乗った若い男が後をつけてくるのに気づいた。その男、五助は卜伝が斬り殺した男の巾着や着物を奪っている。「そういうことだったか」と声をかけると、五助は「私に似た生き物が南蛮にいるそうです」と自嘲する。狐に似たその生き物の名はハイエナだ。卜伝を襲って敗れた男の持ち物を五助が探っていたら、最後の力を振り絞って五助に斬りかかったが、彼は軽やかにそれをかわした。卜伝はそれを見て、新しい剣技を思いつく。〈南蛮狐〉

 飄々とした8編の剣豪小説。(文藝春秋 1550円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る