「卜伝飄々」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 剣聖・塚原卜伝は、彼と立ち合って名を上げたいと考えるやからや、彼を敵と狙うやからにやたらと襲われる。あるとき、同じ渡し舟に乗った若い男が後をつけてくるのに気づいた。その男、五助は卜伝が斬り殺した男の巾着や着物を奪っている。「そういうことだったか」と声をかけると、五助は「私に似た生き物が南蛮にいるそうです」と自嘲する。狐に似たその生き物の名はハイエナだ。卜伝を襲って敗れた男の持ち物を五助が探っていたら、最後の力を振り絞って五助に斬りかかったが、彼は軽やかにそれをかわした。卜伝はそれを見て、新しい剣技を思いつく。〈南蛮狐〉

 飄々とした8編の剣豪小説。(文藝春秋 1550円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る