「たたかう植物」稲垣栄洋著

公開日:  更新日:

「弱肉強食」「適者生存」の自然界にあって、例外に見える植物たちも、実は激しい戦いを繰り広げているという。植物のそんな生き残り戦略に迫る面白テキスト。

 まずは植物同士のバトルを観戦。戦いの中でも、熾烈を極めるのは光を巡る競合だという。朝顔などのつる植物は、いち早く上へと伸び空間を占有するために茎を頑強にする分の成長エネルギーを伸長成長に使っているのだとか。戦いは地下でも起きている。植物は根からさまざまな化学物質を出し、周りの植物にダメージを与え撃退している。セイタカアワダチソウなどはその典型だそうだ。その他、昆虫や動物などの捕食者との戦いから病原菌との攻防まで。その驚くべき生き残り術に驚嘆。
(筑摩書房 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る