「イタリア『色悪党』列伝」ファブリツィオ・グラッセッリ著

公開日: 更新日:

 イタリア史を彩る「凄くて、悪くて、モテまくった」男たちの人生を、彼らの身近にいた人物からの視点でドラマチックに描く歴史読み物。

 紀元前57年、ローマ暦697年の2月、ローマ軍の兵士アメリウスは、女との情事中に命を狙われた総司令官のカエサルを救った功績から専属の護衛兵に抜擢される。以来、「影」としてカエサルと行動を共にするアメリウスは、彼がローマの元老院議員の妻から、平民の娘、そしてクレオパトラまで、ありとあらゆる女たちとベッドを共にするのを間近に見る。

 その他、侍従長の目に映る15世紀の法王アレッサンドロ6世や音楽家プッチーニなど、7人の功績を彼らの夜の生活とともに描く。

(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る

人気キーワード