「イタリア『色悪党』列伝」ファブリツィオ・グラッセッリ著

公開日:  更新日:

 イタリア史を彩る「凄くて、悪くて、モテまくった」男たちの人生を、彼らの身近にいた人物からの視点でドラマチックに描く歴史読み物。

 紀元前57年、ローマ暦697年の2月、ローマ軍の兵士アメリウスは、女との情事中に命を狙われた総司令官のカエサルを救った功績から専属の護衛兵に抜擢される。以来、「影」としてカエサルと行動を共にするアメリウスは、彼がローマの元老院議員の妻から、平民の娘、そしてクレオパトラまで、ありとあらゆる女たちとベッドを共にするのを間近に見る。

 その他、侍従長の目に映る15世紀の法王アレッサンドロ6世や音楽家プッチーニなど、7人の功績を彼らの夜の生活とともに描く。

(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る